カテゴリ:日記・日常( 17 )

2013年 11月25日の夢

今まで見た夢の中で一番と言ってもよいくらい、幻想的な夢をこの前見たのでここに書いておく。



自分は自宅の窓から外を見ていた。自宅の窓からは山が見える。家から2番目に近い山だ。
(隣に誰かがいて、すこし話をしていた気がするが、誰なのかはとんと思い出せない。家族であった気もするし、知り合いであった気もするし、知らない人だったような気もする。)
窓の外はとても妙な天気だった。曇りのような薄暗い空に、とても低い位置に真っ黒な雨雲が点々とあり、豪雨をもたらしていた。自分が見ている山のところにも、3か4つくらいの非常に局地的な雨を降らしている雲がかかっていた。
その雨雲の中には、鮮やかな色彩の虹ができあがっていた。周りの景色がほとんどモノクロームのような世界で、その虹はひときわ異様なまでに、人の意識を惹き付けられるには十分な色をたくわえている。
「わー。あそこ、虹だ、虹。」
と、自分は隣の思い出せない誰かに虹を指差しながら話しかけた。

風向きの影響か、黒く小さな雨雲たちは虹といっしょに自分の家の方角に動いてきた。
自分の家の方角に近づいてきていると気づき、その雲をよく見ていると、いくつかの黒い雲は形を変えた。
山から下りてきた雲は、広葉樹に足が生えたようなものになって、山から降りてきた木になり、たくさんの葉っぱや枝を揺らし、ガサガサと音をたてて雨粒をおとしながら、自宅の前の道路で行進を始めた。

それにつられて、道路の街路樹も足を出して歩き出した。
山から下りてきた木たちは、一様に大げさな歩き方をするので、木の幹がしなり、海のような音をたてていた。
真上にきた豪雨と、虹と、大量のシルエットだけの木の行進に、自分は
「これじゃまるでパプリカだね。一生もんだ。よく見なよ。」
と、また隣の誰かに話しかけた。
雨雲が通り過ぎ、遥か上空の灰色の空にも切れ目ができて、日差しが差し込んだ時、道路には巨大な女性貴族が眠りながら手を振って、通り過ぎていった。



『パプリカ』というのは、筒井康隆原作のアニメ映画のことを指したのだと思われる。







[PR]
by mohairdive | 2013-11-27 02:26 | 日記・日常

最近の堕落スタイル

a0240510_19575555.png

なにもかも床で済ます
[PR]
by mohairdive | 2013-04-22 19:59 | 日記・日常

ステマじゃないよ

a0240510_16553879.png

昨日、三菱(uni)のPonkyという画材を買ってみました。
クーピーとこっち、どちらを買うか迷ったのですが、黒い紙やツルツルな面でもきれいに描けるという売りに釣られでしまいまして…。
描き味は、似てるものを挙げるとダーマトグラフが一番近いかと。でもダーマトグラフよりか油分が少ないようでねちっこくなく、かといって色鉛筆というほどサラッともしてなく…というぐあい。
発色はかなりきれいです。強く描いてもムラが全然できないのでベタ塗りするとかなりよい感じです。クーピーほどの太さなので、混色はクレヨンやオイルパステルのようになると失敗しやすいかもです。色鉛筆のように力加減しつつやるのがよいかも。
やり方次第で色鉛筆のようにもクレヨンのようにも使えそうです。

ただ一つ欠点を具体的に挙げるとすれば、白がないってことでしょうか。
三菱さんに問い合わせてみたのですが作る予定もまだないとのことでした。。。
せっかく黒い紙にも描けるのにもったいないなーと思います。
三菱さんぜひ作ってください。
[PR]
by mohairdive | 2012-10-22 17:33 | 日記・日常

かどのはなし

a0240510_2010416.gif


それほど前のことではないような気がしますが、いつのまにか私は鋭角恐怖症になっていました。
とはいっても、先端恐怖症のような生理的な恐怖ではなく、自分の美的感覚の中の話です。しばしば、無意味な直線が気に食わないのです。(要するに、部屋の角とかは好きです)
絵にも曲線が大幅に増えました。やむなく鋭角になる所はありますが、なるべく角をならしたような線になったような気がします。
そして自分の字はここ最近、およそ2年前の字と見比べた所、面影がぜんぜん残っていません。形が大幅に変わり、無駄な線が消え、角が消え、しかしおおよそ行書とも呼べないような曲線まみれのひじきサラダのような字になってしまいました。(私はひじきが好きです)

しかし、時にはパキッと直線で決めなければいけない所もあります。しかし、あいまいな曲線に甘んじた私にとって正確な無駄のない直線を決めるというのは至難の業です。
これからの課題は直線の良さにも気づいて、仲良くできるようになること。
なさけないひじきまみれの線だけで描くのも悪くはないですが、それだけではすべての描きたいものをカバーすることはできないので。。。

でも、しばらくは無駄を省いた曲線に魅せられてしまったにゅるにゅるの絵をいっぱい、描けるうちに描けるだけ描きたいと思ってます。
それに飽きたら、急にバッキバキの直線まみれのキュビズムまがいの絵を描きはじめるかもしれません。
[PR]
by mohairdive | 2012-10-21 20:14 | 日記・日常

ここ最近鳥よけみたいな同心円ばかり描いている

手書きブログというものがありまして、私は2008年頃ぼちぼち使っていた時がありました。(その時のアカウントは 一時の気の迷いで消してしまいました…。)
最近ふとその存在を思い出し、見にいってみた所ものすごく進化していまして汎用性の高いツールと化していたことに感動したので、またらくがき帳として使う事に決めました。
ときどき描きにいくと思いますので、ときどき思い出したように見にきてください。
右側の『いろいろ』欄か、ここからどーぞ。
[PR]
by mohairdive | 2012-09-02 09:58 | 日記・日常

ビタミン剤とCD

私は音楽を聴く時、mp3とCDが一緒に出ていれば多少割高でも基本的にはCDを買います。おそらく「電子書籍より紙媒体だ」みたいなこだわりの気持ちがどこかにあるのかもしれません。
そういうわけで、CDを開封する瞬間というのはとても楽しいですね。楽しいんです。
品定めする時も楽しいし、買った瞬間も楽しいし、開けるときまた楽しいし、聞いたらもっと楽しくなります。1粒でいくらでも楽しみようがあります。なので、楽しみは最後に取っておくという原理に乗っ取り、私はこんな楽しみ方をしていますというのを今日は紹介しようと思います。
あ、でも、食事のとき好きなものは最初か中頃に食べる派です。お腹が空いていたほうがより美味しく感じるので。そのあたりの楽しみ方はおのおの臨機応変に楽しんでください。

最近は特にそうなんですが、まずCDは買った日には開けません。私は体力が少ないので、買いに出かけただけで疲れてしまうのでその日は寝ます。
では次の日に開けるかというと、だいたい開けません。しばらく開けません。買っただけで満たされている状態なのかもしれません。
棚の中で積み本ならぬ積みCDと化し、熟成させます。このとき、だいたい2枚くらいはストックがあります。
どういった時に開封するのかというと、しばらく徹夜や長時間の作業が続くことがあるとき、モチベーションを上げ、聞きながら作業をしたりするために1、2枚開けます。そしてその作業が終わったときなどはCD屋さんに足を運び、いわゆる『一人打ち上げ』のような意味合いもこめて、新たなCDを買いに行きます。
または、単なる気分転換のため、新しく開けたCDもすでに30周くらい聞いてしまってそろそろ新しいの入れるかーとなったときに開けます。
どちらにしろ、モチベーションが下がってきた時に開けたりという感じです。

a0240510_1263618.png


買った日に開けると逆に楽しさが薄らいでしまう事が多いんです。疲れているし。
本とちがい、聴覚に働きかけるものはいつでも頭の中に取り込む事ができるというのもあるので、いつでも開けられるものなら、最大限楽しめる時まで取っておいた方が楽しいと。お菓子みたいに悪くなったりもしないので。音楽にも鮮度はあるのかもしれませんが、自分がはやりすたりを感じない本当にすきな音楽を選んでいれば、そういうものは感じないと思います。AKBでも、キング・クリムゾンでも好きな気持ちが同じなら同じです。

ここでの好きは、キャラクターや音楽性というより、自分のヘっこんでる所にぴったり埋まるような気持ちになるものというほうがちかいかもしれません。
ただ、あくまでも私の気分に合わせたやり方なので、ほかにもいろいろ楽しみ方はあると思います。


以上、昨日新しいCDを買って浮かれているという話でした。
[PR]
by mohairdive | 2012-08-26 12:19 | 日記・日常

無意識でも意識的なものでもない場所の歪み

a0240510_17373973.png


物心ついたころから、考えごとというかぼーっとしていると、周りの机やら地面が傾きはじめたり、壁がゆっくりと大きな水紋のように波うったり、アスファルトに色がついたりいきなりくぼんたり出っ張ったりしたり、壁や主に垂直なものがつままれてゆっくりと引っ張られていくようにぐにゃ〜っと曲がっていく(カラーボックスの上半分だけが広がったりする)幻覚?をよく見ます。
そうなりはじめると昔はちょっと怖くて、しかしその状態から戻す方法を無意識に知っていたので、すぐに何度もまばたきしたり頭を振ったり身じろぎしたりして戻していましたが、逆に今まで意識的にそのままにしておいたことがないという事に気づき、最近はわざとそのままどうなるのか観察したりしています。
[PR]
by mohairdive | 2012-08-19 17:41 | 日記・日常

痛覚がムズムズする話

久しぶりに変なケガをしました。
大きめの電子機器を動かすためのACアダプタのプラグを床に上向きで置きっぱなしにしていたのです、それを思いきりかかとでふんずけてしまいました。刺さりかけてたみたいです。出血がけっこうスゴかった。
妙な衝撃にビックリしてすぐ足を上げたので大丈夫でしたが。。。
もう抜いたプラグを置きっぱなしになんかしません。


a0240510_1472267.png

[PR]
by mohairdive | 2012-08-08 02:04 | 日記・日常

a0240510_16513198.jpg
休日に変な事をしたくなる症候群 食紅使ってしまいたくて。。。
ベーキングパウダー多めに入れたせいでどう見てもスポンジだ
一応弁解しておきますと味は普通のパウンドケーキです。ホントホント
[PR]
by mohairdive | 2012-04-17 17:00 | 日記・日常

げきからあまとうじごく

わたくし、生姜紅茶が好きでよく飲んでます。なので生姜ジャム(紅茶用)を作ってみました。
ジャムだから日持ちするし、砂糖入ってるし便利かもと。

というわけで作り方メモ。

生姜:好きなだけ
砂糖:生姜と同じ量用意する
レモン汁:小さじ1〜2杯くらい
料理酒(コアントローとかラムとか):ちょびっと(なくても可)

1.生姜をすりおろす。
2.お鍋に生姜、砂糖、レモン汁を入れる。
3.とろみがついてきたら火からおろす。(香り付けしたいときはここでお酒をいれる)
4.びんに詰める。完成。

こんだけです。砂糖って書きましたがお好みではちみつとかでもいいみたいです。私は今回三温糖を使いました。


a0240510_3221189.jpgなんで最初の方に(紅茶用)と書いたかというと、辛めにしたかったので悪いとこだけとって皮ごとおろしたからです。多分普通になんかに塗って使うには辛すぎると思うので、その場合は皮を取り除くとかするといいかも。

そんなわけでさっき早速つかってみました。生姜チューブを使うときと同じくらい入れたらガッツリ辛かったです。一口目でちょっとビックリしてしまったです。でもおいしかったー。
せっかく作ったので、紅茶以外の使い道も色々さがしてみたいと思います。
[PR]
by mohairdive | 2012-04-11 03:24 | 日記・日常


くわしいごあんないはカテゴリの一番上をごらんください。


by mohairdive

プロフィールを見る
画像一覧

いろいろ

カテゴリ

自己紹介とここのこと
リンク
日記・日常
お知らせ
描いた絵・創作
描いた絵・らくがき
描いた絵・擬人化
描いた絵・二次創作
描いた漫画
作ったもの

以前の記事

2015年 07月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

最新の記事

イチマの煉獄
at 2015-07-03 15:11
2013年 11月25日の夢
at 2013-11-27 02:26
バスセンター前駅で会った人だろ
at 2013-11-14 01:05
あますとこなく愛してあげて、..
at 2013-11-12 02:47
コミック的表現
at 2013-08-06 04:00

検索

その他のジャンル

画像一覧